気になる病気と症状辞典

呼吸器の病気

多くの呼吸器の病気では共通して、咳や痰、呼吸困難、胸痛、呼吸をする度に「ゼーゼー、ヒューヒュー」と音がする喘鳴などの症状がみられます。
呼吸器の病気の診断には、胸部X線検査、肺機能検査、喀痰検査や血液検査が必要になります。呼吸器の症状が長く続く場合は、呼吸器科を受診しましょう。

異常があったら呼吸器科へ
  • 肺がん…気管、気管支、肺胞の細胞ががん細胞となり、無秩序に増えて発生します。
  • 肺結核…結核菌による呼吸器の伝染性疾患で、現在でも高齢者には少なくありません。
  • 無気肺…肺全体または一部の空気が極端に減少したりする状態をいいます。
  • 肺気腫…正常な肺胞が減少し、呼吸面積が減少するため、ガス交換に不都合が生じます。
  • 肺水腫…血液中の水分が血管外に漏れ出して、肺胞の中にたまった状態です。
  • 気管支喘息…咳と痰が出て、呼吸困難におちいり、呼吸のたびにゼーゼーと音がします。
  • 急性気管支炎…気管支の粘膜に炎症が起こる病気で、ウイルス感染によるもの大半です。
  • 慢性気管支炎…1年のうち3ヶ月以上、毎日、咳や痰が続く状態です。
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)…肺気腫と慢性気管支炎を合わせてこう呼ばれます。
  • 肺線維症…肺が硬くなって縮小するため、ガス交換が不十分になって呼吸不全になります。
  • 間質性肺炎…肺胞の壁の間質が結合した組織に炎症が起こる病気です。
  • 過敏性肺炎…カビやほこりなどを吸い込んで引き起こされる、アレルギー性の肺炎です。
  • 気管支拡張症…気管支の一部が拡張し、分泌液が溜まって、炎症を起こす病気です。
  • 自然気胸…外側の臓側胸膜が破れて、肺の中の空気が胸膜腔に流れ込む病気です。
  • 呼吸不全…血液中の酸素量が減少し、十分な量を臓器に送れなくなった状態です。
  • 胸膜炎…肺の表面を覆っている胸膜が炎症が起こす病気です。
  • 過換気症候群…呼吸のしすぎで血液中の二酸化炭素が過度に減少する病気です。
  • 睡眠時無呼吸症候群…睡眠中に頻繁に呼吸が止まり、そのたびに目が覚めます。

循環器の病気

循環器の病気は、心臓と全身に血液を送りだしている動脈、全身から心臓に血液を戻している静脈、そして肺動脈に関係した病気のことをいいます。生命活動に必要不可欠な酸素や栄養を運んでいる心臓と血管は、水道のポンプと水道管の役目に例えられ、循環器に疾患が起こると生命に関わる重大な事態を引き起こしかねません。

循環器の病気について

循環器の病気の多くは、加齢に伴い発症するため「成人病」と呼ばれていましたが、近年では、発症時期の若年齢化が進んだため、食生活や喫煙・アルコール、運動などの「生活習慣」の乱れが大きな要素として注目されるようになり、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。循環器の病気の特徴を理解し、生活習慣を改善することは、循環器の病気の予防にきわめて有効とされています。

  • 狭心症…冠状動脈が狭くなり、必要な血液がそこから先に送れない状態が狭心症です。
  • 心筋梗塞…心筋が酸素不足になって壊死し、はたらかなくなった状態です。
  • 心不全…心臓の機能が低下して、臓器に血液を十分に提供できなくなった状態です。
  • 急性心膜炎…心臓の一番外を覆っている心膜に炎症が起きた状態です。
  • 心筋炎…心筋に炎症が起こり、心筋細胞がおかされる病気です。
  • 動脈硬化症…動脈の血管壁が弾力を失い、血液がスムーズに流れなくなった状態です。
  • 突発性心筋症…原因不明の心臓肥大または拡大が起こる心筋の病気の総称です。
  • 心臓弁膜症…心臓の弁が変形したり、動きが悪くなって障害が起きてくる病気です。
  • 血栓症…血栓が血管をふさぎ、血流が滞ると、さまざまな病気を引き起こします。
  • 大動脈瘤…放置すると、風船のように膨れて、表面が薄くなり、破裂しやすくなります。
  • 不整脈…心臓の収縮・拡張リズムが遅くなったり、間隔が乱れたりするものです。
  • 高血圧症…高血圧は脳卒中、心臓病、腎障害など重大な病気の危険因子になります。
  • 低血圧症…高血圧症とはちがって、身体に重大な影響を及ぼすことはありません。
  • 肺動脈血栓塞栓症…肺動脈に、血栓や脂肪、腫瘍細胞のかたまりが詰まった状態です。
  • バージャー病…四肢の細い動脈に炎症が起き、血栓ができて、内腔が塞がる病気です。
  • 下肢静脈瘤…下肢の表在静脈の血液が滞り、足の血管が浮き上がって見えるものです。

消化器の病気

消化器の病気は、食習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣やストレスとの関わりの強いものが少なくありません。例えば、食物繊維が少なく、動物性脂肪が多い欧米型の食習慣の普及にともない、日本人の胃がんは減少し大腸がんが増加しつつあります。

消化器の病気について

また、アルコールを長年にわたって、多量に飲んでいると肝機能に障害が生じて、肝硬変を引き起こすこともあります。さらに、膵臓にも悪影響を及ぼし、急性あるいは慢性膵炎の原因にもなります。

近年では、人間関係などのストレスから腹痛や下痢などの症状が慢性的に現れる過敏性大腸症候群(IBS)や、潰瘍はないのに胃腸が痛むディスペプシア(NUD)という病気が増加してきているといわれています。

  • 逆流性食道炎…胃液が胃から食道に逆流して、食道の粘膜に炎症を引き起こします。
  • 食道がん…熱いものや辛いものを好んで食べる人に多くみられるといわれています。
  • 胃がん…頻繁に胃粘膜を刺激することが原因につながりやすいとされています。
  • 機能性胃腸症…検査で異常が見つからないのに、胃の不快な症状が続く状態の総称。
  • 胃けいれん…胃壁の筋層が緊張して起こる上腹部の激しい痛みのことです。
  • 急性胃炎…胃の粘膜がいろいろな刺激のために急性の炎症を起こした状態です。
  • 慢性胃炎…胃の粘膜が持続的に炎症を起こし、炎症が慢性的になる病気です。
  • 胃潰瘍…胃の粘膜に起こった欠損が、粘膜下の筋層にまで達する病気です。
  • 十二指腸潰瘍…胃液が十二指腸の粘膜を消化し、粘膜より下の層に欠損ができます。
  • 空気嚥下症…空気を飲み込むのが習慣になって、げっぷを繰り返す病気です。
  • 胃酸過多症…胃酸が過剰に分泌されて、胃内の酸度が異常に高くなる状態です。
  • 胃ポリープ…胃の粘膜が変化して、盛り上がってできたいぼ状のものをいいます。
  • 大腸がん…食物繊維が少なく、動物性脂肪の多い食事が関連あると考えられています。
  • 直腸ポリープ…直腸内にできた粘膜の隆起のことです。
  • 潰瘍性大腸炎…大腸、とくに直腸の粘膜がただれて、潰瘍などができるものです。
  • 過敏性腸症候群…ストレスが原因で、下痢や腹痛などの症状が慢性的に生じる病気です。
  • 腸閉塞…腸の一部の内腔が狭くなり、腸の内容物が詰まってしまう病気のことです。
  • クローン病…口腔から胃や腸までの全ての消火器に潰瘍や線維化を引き起こす難病です。
  • 吸収不良症候群…栄養素を正しく吸収できないため、栄養低下をきたしている状態です。
  • 虫垂炎…盲腸の先端から出ている中枢という管に炎症が起きる病気です。
  • 鼠径ヘルニア…鼠径部(大腿つけ根の内側部分)に腸の一部が脱出した状態です。
  • 腹膜炎…腹膜に何らかの原因で細菌が感染し、炎症を起こす病気です。

肝臓、胆道、すい臓の病気

肝臓は大きく、細胞の再生力も活発なので、障害が発生してもすぐに症状が出るわけではありませんので、症状が出たときには病状がかなり進行していることが多いのが特徴です。
病気として多いのは、アルコールやウイルスなどによる急性あるいは慢性の肝炎です。ウイルス性のものにはA、B、C型などがあります。

お酒の飲みすぎに気をつけましょう

胆道・胆嚢・すい臓の病気として多いのは、胆汁に含まれるコレステロールやビリルビンなどの成分が固まってできる胆石症です。胆石症は胆道のどこにでも発生するもので、この胆石症が原因で胆管炎や、胆のう炎が発生することもあります。

また、すい臓では消化酵素によってすい臓そのものが消化される急性や慢性の膵炎などがあります。食生活の変化やお酒の飲みすぎなどで、胆道・胆嚢・すい臓の病気は近年増加しています。

  • 肝臓がん…肝臓の細胞から発生する原発性のものと、転移性のの2つに大別されます。
  • 脂肪肝…肝細胞の中に中性脂肪が蓄積して腫れてしまい、障害が発生する病気です。
  • 肝硬変…肝細胞が再生と壊死を繰り返していくうちに、線維化して硬くなる病気です。
  • 肝不全…発症は、すでに肝臓のかなりの部分が損傷を受けていることを意味します。
  • 劇症肝炎…肝細胞が急激に壊死を起こし、意識障害や昏睡状態に陥る状態をいいます。
  • 慢性肝炎…原因のほとんどは感染した肝炎ウイルスに免疫反応がかかわっています。
  • アルコール性肝障害…大量のアルコールを長期間のみ続けることで起こる肝障害です。
  • 胆管がん…肝臓から十二指腸までの胆管に発生するがんで、中高年に多くみられます。
  • 胆嚢がん…胆管の途中にある胆汁を蓄えるための胆嚢という袋状のものに発生します。
  • 胆石症…胆管から十二指腸に分泌される胆汁の成分が石のように固まった状態です。
  • すい臓がん…自覚症状が少なく、早期発見が最も難しいがんのひとつです。
  • 急性膵炎…膵液の消化酵素が、膵臓や周囲の臓器を消化して炎症を起こします。
  • 慢性膵炎…膵臓が硬化して、膵液や酵素の分泌作用が低下する病気です。

眼の病気

中年にさしかかってくると、目に何らかのトラブルや病気が起こることが多くなります。なかでも、近年注目されているのが緑内障です。潜在的には200万人とかなりの患者がいるにもかかわらず、医療機関で治療を受けているのは、わずか20%程度です。

目の病気について

加齢性黄斑変性もまた、中高年に増加しています。この病気はその名のとおり、加齢によって起こる眼の病気です。高齢化が進み、今後はさらに増えると予想されています。緑内障にしても、加齢性黄斑症にしても、治療が手遅れになれば失明する可能性の高い怖い病気です。

さらに、中高年になると高血圧や糖尿病、高コレステロールの人が多くなりますが、これらの病気も眼に悪影響を及ぼします。糖尿病による網膜症が、中途失明原因の第1位であることがそれを証明しています。

  • 白内障…瞳孔にある水晶体に濁りが生じて、視力が低下してくる病気です。
  • 緑内障…視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなってくる病気です。
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)…視野の中に蚊や糸くずのような浮遊物がぼんやりと現れます。
  • 黄斑変性症…ものゆがんで見えたり、視野の中心部分が暗く見えたりする病気です。
  • 網膜剥離…網膜が剥がれて、視細胞に栄養が行き渡らず、機能が低下します。
  • 糖尿病性網膜症…糖尿病の3大合併症の一つで、網膜の血管に障害が起こる病気です。
  • 網膜色素変性症…網膜の細胞が萎縮して、視力や視野の障害が進行していく難病です。
  • 中心性網脈絡膜症…黄斑部が浮腫状になること(腫れる)によって起こる病気です。
  • 視神経炎…視力が急激に低下し、特に、視野の中心部が見えにくくなる病気です。
  • 翼状片…目頭側の結膜から角膜にかけて、盛り上がった膜が広がってくる病気です。
  • 眼精疲労…目の酷使により、目の痛み、乾き、かすみなどの症状をきたす状態です。
  • VDT症候群…長時間ディスプレイの画面を見続けることによって起こる現代病です。
  • 近視…近いところにはピントがあってよく見えますが、遠くにはピントが合いません。
  • 乱視…一定方向の線だけはっきり見えたり、片目で見ると物が二重に見えたりします。
  • 老視(老眼)…水晶体の調節力が弱まり、近いところが見えにくくなる状態です。
  • 霰粒腫…マイボーム腺の出口が詰まって肉芽性の炎症を起こす病気です。
  • 麦粒腫…細菌の感染がもとでまぶたの一部が赤くなり、腫れて痛みが現れる病気です。
  • 睫毛乱生…逆さまつげのことで、まつげが眼球のほうを向いている状態です。
  • 眼瞼下垂…まぶたが垂れ下がってきて、目を開けにくくなる状態をいいます。
  • 角膜潰瘍…角膜にできた傷口にブドウ球菌などがついて潰瘍ができるものです。
  • 角膜ヘルペス…単純ヘルペスウイルスが感染して、角膜に樹枝状の潰瘍が生じます。
  • ぶどう膜炎…虹彩、毛様体、脈絡膜の総称であるぶどう膜に起こる炎症です。
  • アレルギー性結膜炎…アレルギー反応によって起こる結膜の炎症のことをいいます。

女性の病気

乳房に痛みやしこりがあっても、多くは乳がんとは関係ないものです。特別な治療の必要がない良性のものも多いので、自分でしこりを発見したときは、不安がらずに、乳腺外科あるいは外科を受診して検査を受けましょう。

女性の病気について

一方、子宮の病気は、目に見えないだけに異常に気が付かないことが多くなります。月経の量や痛み、おりものの量や色などがいつもと違うときは要注意です。年代にかかわらず、定期的に検診を受けて、病気の早期発見を心がけましょう。

  • 乳がん…しこりができることで発見されるケースがほとんどです。
  • 炎症性乳がん…皮膚が炎症を起こしたように赤くなる悪性度の高いがんです。
  • 乳腺症…乳房の病気の中で最も多い良性のしこりです。
  • 乳腺線維腺種…乳房内に痛みのない、硬く、表面は滑らかなしこりができます。
  • 陥没乳頭…乳頭がへこんで、乳輪内に埋まった状態をいいます。
  • 月経困難症…月経時に下腹部痛、腰痛、頭痛、脱力感、嘔吐などが数日間続きます。
  • 月経前症候群…月経のはじまる1週間前から、不眠、憂鬱、下腹痛などが現れます。
  • 頻発月経…月経周期が短く、月に2〜3回も月経が訪れることをいいます。
  • 過多月経…月経での出血量が極端に多くなるものをいいます。
  • 過少月経…月経での出血量が極端に少なくなるものをいいます。
  • 無月経…ホルモンのバランスが崩れて正常な排卵、出血が起こらなくなるものです。
  • 子宮筋腫…良性の腫瘍なので、子宮組織を破壊したり、転移することはありません。
  • 子宮頸がん…子宮の頚部の粘膜に発生します。子宮がん全体の約70%を占めます。
  • 子宮体がん…内膜にできるのが子宮体がんで、子宮内膜がんとも呼ばれています。
  • 子宮下垂…子宮が下がって膣内に留まっている状態で、下腹部に圧迫感があります。
  • 子宮内膜症…月経時の下腹部痛や腰痛、不正出血、下痢・便秘などがあらわれます。
  • 卵巣嚢腫…悪性に変わるものもあるので、定期的な検査は欠かせません。
  • 卵巣がん…女性性器において、子宮がんに次いで多くみられる悪性腫瘍です。
  • 卵管がん…卵管がんの99%以上はほかの臓器のがんが転移したものです。
  • 骨盤腹膜炎…子宮などの骨盤内の臓器を覆っている骨盤腹膜に炎症が起きます。
  • 不妊症…子供を希望しながら2年以上子供のできない状態をいいます。
  • 更年期障害…更年期におこる精神的、肉体的なさまざまな症状をいいます。

骨、関節の病気

骨の成長は思春期ごろで止まりますが、骨量は20歳代までは増え続けます。しかし、骨量のピークは30歳前後といわれ、それ以降は増えることはありません。
骨の内部では、常に古い骨が吸収され、新しい骨が少しずつ形成されています。この骨形成と骨吸収のバランスが崩れて、骨吸収が亢進すると骨量が減り、骨がもろくなります。

骨や関節の病気

加齢とともに関節も柔軟性を失い、運動不足から筋肉の力も低下します。肩こりや腰痛などは筋力低下の表れといえます。痛みや異常を感じたら、年齢のせいだと放置しないで、早めに整形外科を受診しましょう。

  • ぎっくり腰…背骨の一部を構成する腰椎に、負担がかかって炎症を起こす急性の腰痛です。
  • 坐骨神経痛…坐骨神経が何らかの原因で刺激されて、脚などが痺れて痛みます。
  • 腰椎椎間板ヘルニア…髄核が飛び出し、腰髄の神経根を圧迫して痛みます。
  • 頚椎椎間板ヘルニア…軟骨組織が飛び出し、頚部の脊髄や神経根が圧迫されます。
  • 脊柱管狭窄症…脊柱管が加齢に関係して狭窄し、腰痛や痺れなどの症状が現れます。
  • 脊柱側湾症…原因不明、あるいはさまざまな原因で脊柱が曲がってくる病気です。
  • 胸郭出口症候群…胸郭出口の神経や血管が圧迫され、首、肩、腕にしびれが起こります。
  • 五十肩…老化とともに肩の関節が痛んだり、関節の動きが以前より悪くなるものです。
  • 頚肩腕症候群…腕から首、肩にかけての筋肉疲労がおもな原因です。
  • ばね指…腱鞘が肥厚して、指の付け根に痛みやひっかかりが生じるようになります。
  • 手根管症候群…正中神経が圧迫され、親指から薬指にかけてしびれや痛みが現れます。
  • 変形性股関節症…股関節の軟骨が磨耗して、股関節や太もも、膝などが痛む病気です。
  • 変形性膝関節症…軟骨が磨耗し、その結果、関節内組織の損傷や炎症が起きます。
  • 外反母趾…足の親指の付け根の関節部分で指が外側に向かって変形してくる病気です。
  • ペルテス病…大腿骨の股関節が血行障害などで壊死して、関節が変形するく病気です。
  • O脚…両膝のお皿を正面に向けて、両くるぶしをつけると両膝が開いてしまう状態です。
  • 肉離れ…筋肉が急に緊張して、筋肉や筋膜が断裂するのが肉離れです。
  • アキレス腱断裂…スポーツ時に強い力がかかったりして、アキレス腱が断裂します。
  • 疲労骨折…骨の同じ部分に長い間繰り返して負担をかけると、骨も疲労して損傷します。
  • 野球肘…肘の筋肉が部分断裂して炎症を起こして、肘の内側に痛みが現れます。
  • オスグッド・シュラッター病…骨の成長に筋肉の発達が追いつかず、骨の突出が生じます。
  • 脊椎圧迫骨折…交通事故などによる衝撃で胸椎や腰椎が圧迫されてつぶれた状態です。
  • 骨粗鬆症…カルシウムが溶けて骨の質量が低下して、骨折や腰痛を起こすものです。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.